宮城県、福岡県を拠点に下地処理から仕上げ工事まで行っている株式会社友翔。塗床工事、ショットブラスト、下地処理、防水工事、仕上げ工事、床改修工事はお任せください。

福岡県知事 許可(般-1)第112655号

事業内容

事業内容

友翔は、様々なニーズに応じた最適なご提案をいたします。
また豊富な知識と確かな技術を持った職人が真心を込めて対応いたします。
どんな小さなことでも構いません。お気軽にご相談ください。

ショットブラスト(下地処理)

ショットブラストとは広い平面に対する表面処理に使用されます。
主にコンクリートやアスファルトの表面に凸凹加工を行います。
ショットブラストを用いて表面処理を行うことにより、下地表面積の増大、各種塗装、防水工事などの下地処理として最適な工事となります。
1日の施工面積が最大1500m2(状況に応じて)施工が可能ですのでコストパフォーマンスにも優れており、今、最も注目されている下地処理の施工方法だと言えます。

ウォータージェット工事

水の力を利用したジェット ノズルから噴射された超高圧水の力を利用しコンクリート構造物の変状部(ひびわれ、浮き、脆弱部) や鉄筋に生じたサビ、 その他様々な材質の付着物・劣化物などの除去作業や切断、研磨などを行う工法。
はつり作業を行った際に発生する粉じんも、水とともに回収し適切な処理を行った後に排水するため、環境負荷を低減することが可能です。
水圧や温度を適切に選択・調整することで、任意の脆弱化したコンクリートだけを破壊したり、 細い隙間の内側だけを研磨したり、ピンポイントでの穿孔作業を実施することが可能です。
また、火を使えない場所での切断作業などにも採用されております。

改修工事

建物や設備の老朽化による劣化や重大な不具合の発生を防ぐために、管理組合が主体となって、長期修繕計画にもとづいた計画修繕を行います。計画修繕は管理組合が集めた修繕積立金を充当して行われ、工事内容が大規模、工事費が高額、工期が長期間にわたるものを大規模修繕と呼びます。具体的には外壁補修工事、屋上防水工事、鉄部塗装工事、給水管取替え、排水管取替えなどがあります。  

土間左官工事

工場、店舗、倉庫、商業施設、駐車場、マンションなどあらゆる場所の土間工事を行います。
精密さが必要な土間工事は高い技術と経験が必要となります。
時間の経過と共に発生するゆがみや沈みを環境・素材に合わせて予測し、最適な土間工事を行います。

各種舗装工事

舗装とは、従来の地面に特定の材料を用いて締め固めることにより、耐久性を向上させ、平滑にし、安全かつ快適に歩行や走行など交通をしやすくすることです。
特定の材料には、昔から石、木、砂利、近代であればアスファルト、コンクリート、土系舗装材など用いられます。
近代でも根本的な目的は同じく、人々の生活のために、快適で安全な道を舗装し、生活を便利にしています。
最近ではアスファルト混合物を使った大理石や石畳風の舗装材も生まれるなど、もとの材料の機能性や強みを生かす工夫がされています。
 また、薄層舗装というものを普通の塗装の上にかけることによって着色をする方法もあります。こちらもカラーバリエーションが豊富で、ソフトな歩行感や耐衝撃性、すべりにくいといった特徴もあります。 

大工、屋根工事

ドライテックとは、雨水を地中へ浸透させる透水性をはじめ、経済性、防災性、デザイン性、環境性、施工性、耐久性に優れた、特別な土間コンクリートです。

ドライテックが選ばれている5つの理由

  • 耐久性

    水はけがよく、ゲリラ豪雨でも安心

  • 経済性

    耐久性があり、コスパが良い

  • 安全性

    バリアフリーで、滑りにくい

  • 景観性

    草・コケ・カビが、生えにくい

  • 快適性

    夏でも涼しく、裸足で歩ける

次世代の土間コンクリート

透水性ポーラスコンクリート

スピード施工、多彩なデザイン、安心クオリティ

水はけが抜群に良い駐車場